スターフライヤーの正体!秘密の内部を徹底解明!

スターフライヤーとは?

スターフライヤーは正式名称「株式会社スターフライヤー」という新しい航空会社です。現在の航路は新北九州空港と東京羽田空港の往復のみとしています。スターフライヤーは北九州市に拠点を置き、2006年3月16日の新北九州空港のオープンにあわせ就航しました。ベンチャー企業であり、設立は2002年の12月、そして、正式に航空会社となったのは2006年1月となります。4年というわずかの期間の中で、資本金を集め、飛行機を飛ばすところまでもってくという、辣腕ぶりが伺えます。 スターフライヤー

スターフライヤーの機体・シートマップのご案内!

スターフライヤーが使用する機材は、Airbus A320型機です。エアバスA320(Airbus A320)型機は、欧州エアバス社が制作した近・中距離向け商業旅客機である。初めてデジタル式フライ・バイ・ワイヤー制御システムを採用したハイテク旅客機である。当初はエアバス社お膝元のヨーロッパを中心に運航されてきたが、最近ではボーイング社の本拠地アメリカでも ノースウエスト航空、ジェットブルー航空、Ted(ユナイテッド航空傘下の格安航空会社)で、多数のA320型機が運航されている。アジア・オセアニアでもカンタス航空傘下のジェットスターや、シンガポール航空傘下のタイガーエアをはじめほとんどの国で運航中の信頼ある機体です。また客室乗務員の制服は、黒いパンツスーツに白いシャツを組み合わせ、首の白いスカーフ、これも今までに無い斬新なスタイル。 スターフライヤー機体写真
スターフライヤー シートマップ

エアバス A320 は 170 席設けることができる機体ですが、 26 席減の 144 席に減らしたスターフライヤー特別仕様とし 12 〜 15cm のスペースを余分に取っており、ゆったりとしたくつろぎ空間を確保しています。すべての座席シートには本革を使用しているため、落ち着いた雰囲気で空の旅が楽しめます。また、すべての座席には電源コンセントと液晶パネルが付属しているため、ビジネスにおけるノート PC の使用も行うことが可能です。液晶パネルでは将来的にインターネットができるようになります。
また機体デザインを含めたトータルデザインはデザイナーの松井龍哉氏が担当し、「21世紀のモダン」をテーマに洗練された美しい機体に仕上がりました。他にはないこだわりでお客さまに夢や希望を感じていただけるようにデザインされています。
スターフライヤー シート写真

スターフライヤー ドリンクは厳選!タリーズコーヒー

機内提供ドリンクのキーワードは「厳選」です。完璧なまでのホスピタリティとともにお客様の大切な時空間をさらに上質で贅沢なものにしています。他航空会社の機内サービスで出る安っぽいコーヒーと違い、スターフライヤーではタリーズ・コーヒーを採用しています(コーヒーを頼むとチョコレートがつくんですよ)。他のドリンクも他航空会社にはない厳選されたドリンクが提供されています。日田天領水、ヤマダイリンゴジュース、コカ・コーラ、サントリー 伊右衛門、福寿園、キリン一番搾り(北九州空港発86便18:15発、羽田空港発87便19:15発以降のフライトより提供)。 タリーズコーヒー

朝から晩までスターフライヤー

スターフライヤーは、羽田−新北九州間を約1時間30分で結び、就航当初は1日9便、3月23日からは同12便運航する。ビジネス客をねらい、早朝深夜便を設定。始発は北九州発が午前5時30分、羽田発が同6時5分。最終便は北九州発が午後11時30分、羽田発が同11時50分になります。

スターフライヤーの機体・シートマップのチケット購入!

割チケ.JPならスターフライヤーのチケットも格安でご購入頂けます。もちろん混雑時期でも格安航空券!日時や便の変更も何度でもOKです。 スターフライヤーチケット購入


思った以上に使いやすい!新北九州空港を使い倒せ!

知っていれば間違えない!羽田空港を大研究!